協和発酵バイオ「オルニチン」効果の口コミ

MENU
<スポンサードリンク>
協和発酵バイオ・オルニチンの申し込み

「オルニチン」の前に試した疲労回復・疲れに効くサプリメント

私が協和発酵のオルチニンを知る前に、疲労回復や疲れに効くというサプリメントとして、「DHCマカ」と健康家族の「伝統にんにく卵黄」を試してみました。

健康家族の伝統にんにく卵黄

伝統にんにく卵黄写真画像

「伝統にんにく卵黄」を試してみた理由は、私の父親が、かれこれ5年以上定期購入して飲み続けていて、父親に勧められたからです。 疲れに効くから飲んでみるといいと。

ですが、「伝統にんにく卵黄」にはグリセリンという成分が使われていたのです。グリセリンはサプリメントをカプセル状にするために使用する添加物で、サプリメント会社ではけっこう使っている会社はあります。

このグリセリン、私は体質に合わなくて、どうしても下痢をしてしまうのです。

「伝統にんにく卵黄」を飲んだらやはり下痢をしてしまい、一回飲んだだけでやめました。ですから、「伝統にんにく卵黄」が疲労回復に効くかどうか、私は不明です。

もし効くのだとしても、私の場合は、下痢をしてしまうので続けて飲むことはできません。


DHCのマカ

DHCマカ写真画像

次に試してみたのは、DHCマカです。 マカは男性機能の回復に良いと知られていますが、疲労回復にも効くということを聞いたことがありました。

疲れを恒常的に感じるようになってからは、男性機能の低下も若干感じてもいましたので、もし、疲労回復に効けば、一石二鳥的だとも思い試してみることにしたのです。

DHCのサプリメントは、スーバーのドラッグコーナーでも売っていますし、リーズナブルな価格ですので、お手軽に試せるということもありました。

スーパーでDHCのマカを買ってきて、原材料をみたら、グリセリン脂肪酸エステルという成分が記載されていました。
グリセリンそのものでなくても、グリセリン脂肪酸エステルが使われているということは、これも下痢をしてしまうのではないかとちょっと心配になりました。(買う時に原材料名をチェックすべきでした…)

DHCのマカは1日目安3錠と記載されていましたが、下痢をしてはいけないので、とりあえず1錠を飲むことに。

1錠を飲んだ次の日に下痢はありませんでした。次の日は2錠に増やし、その次の日は3錠に増やしてみましたが下痢はありませんでした。
ですので、一週間ほどつづけてみたのですが、疲労回復を実感するほどの変化はありませんでした。

もっと長い期間飲み続けないと実感するようにはならないのかもしれませんが、長く続けてみるにも、わずかながらでも効果が感じられないと続ける気に気はなりませんよね。

ということで、DHCマカも効果を感じられないということで一週間ほどでやめました。

でも、私には効果がありませんでしたが、他の人なら効果があるかもしれません。
また、他のサプリメント会社のマカなら効果があるのかもしれません。
あくまでも、私が、一週間、DHCのマカを試したけれど、疲労回復の効果はあまり感じられなかったということです。

その他
その次、疲労回復サプリメントとして、昔から広く知られている「アリナミンA」や「QPコーワゴールド」「養命酒」などを試してみようかと思っていましたが、協和発酵のオルチニンに出会い、疲労回復と睡魔の改善に効果を実感しましたので、これらのサプリメントは試しておりません。

●『お試し価格500円!協和発行オルニチン公式サイト』 ⇒

<スポンサードリンク>